会社員で得た経験と経営者から学んだ仕事に役立つ情報サイト~基本編~

ビジネスパーソン必見!ビジネスを効率化するテクニックとは?

役割分担と人材育成について

従業員を動かし、仕事を円滑にすることが経営者の仕事でもあります。 しかし、一人の人間のスキルを上げていかなければ、仕事の効率化は難しくなります。 従って、人材育成において、日々できることを増やしてあげることが大切です。 指示をしなくても動けるようになるまでは、箇条書きでやるべきことをすると良いでしょう。

資料のデータ化・管理

仕事を行う上で資料はつきものですが、過去の溜まった資料から、必要な情報が得られていますか? 時間をかけて資料を探す手間は、なるべく避けたいですよね。 仕事の効率化するうえで、時短は重要ですし、データの共有も欠かせません。 そんなデータ資料のメリットについてお伝えします。

「時間」と「人」の管理を行い、効率よく仕事をこなしましょう!

ゴールを定めると、それまでにやらなければならない事柄が明確になります。 次に、ゴールから逆算して、それぞれの目標を設定していきます。 その目標を1つ1つクリアしていくことで、物事が着実に前進していきます。 従って、「●●までに○○をこなす」という風に、具体的にX-Dayを定めることが重要なのです。

何事も締め切りを設けよう!

仕事を効率的にこなすために、時間と人にフォーカスを当てて、具体的な手法をまとめたサイトになります。
ここで語る内容は、会社員で働いて得た経験談や、建設会社の代表取締役社長との出会いで分かった時間の使い方についてです。会社員としての経験では、新入社員のころ予定が立てられず、締め切りを過ぎてしまったことで悩んでいました。対策として、スケジュール張に記入をするようにしましたが、続けることが困難であったり、見落とす場合が多々ありました。それは、自身の管理不足でもあるのですが、やり方が定まっていなかったというのが一番の問題点でした。
また、上司・プロジェクトリーダーなどの上の立場として、部下を率いてプロジェクトを動かすために、仕事の効率化を行っていかなければならないと痛感しました。役職に就けば部下の量も増えるため、組織をまとめ運営していくことが厳しくなってくると思います。そういう場合でも、今の内から目標を定めて行動することを行っていれば、部下の面倒を見つつ、プロジェクトの進行を行えるはずです。大学卒業後、入社3年目を迎えた会社員が語るリアルな仕事事情で、4年目以降、主任や係長へと上がるためには、仕事を円滑にこなして『成果』を出すことが重要になります。結果だけでなく、チームメンバーの役割や引き出しなどのプロジェクトにおける『プロセス』も評価の対象となる為、人材育成も忘れてはなりません。
そんな成長途中の私が出会ったのが、若い社長さんでした。きっかけは住宅ローンを購入予定であったためで、巡り合えたのも何かのご縁だと思います。「何とかなる」と幼稚な思考であった私は、彼と出会って時間の管理の仕方を見直すべきだと感じました。その時間をコントロールするノウハウを皆さんにもお伝えしていきたいと思います。